Event is FINISHED

9/14(月)開催 廣瀬通孝「イケるVR、ダメなVR その境界を分かつもの」

SCHOLAR.professor 第9回イベント
Description
  • メンバーシップ特典:SCHOLARオンラインメンバーシップ(月額5000円)にお申込みの方は無料でご参加いただけます。
  • ソーシャルシェア割:チケット購入時にSNSでシェアしていただくと10%割引でご参加いただけます。
  • 「研究者の卵」割:修士課程在籍以上の「研究者の卵」の方は3,000円でご参加いただけます。(当日受付で、身分証をご提示ください)
  • 開場時間はイベント開催30分前の19時です。

  • ■イベント概要

    「イケるVR、ダメなVR その境界を分かつもの」


    「思い出のぞき窓」この言葉から何を想像するでしょうか?


    AR(拡張現実感、Augmented Reality)を使って過去の風景を再現する技術の集積体です。「思い出のぞき窓」の要素技術は既にあるものの集合体ですが、コアテクノロジーと要素技術を、どのように組み合わせて、より自然な形で、過去をのぞき込むか、より必然的にそれら「技術を使いこなす」かは、工学という範疇を超えた「芸術」の域に達するものと言っても過言でありません。


    バーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース、五感インタフェース、食事ライフログ、デジタルミュージアム、高齢者クラウド。これらの研究には共通のキーワードとテーマが存在しています。「システム工学・ヒューマンインタフェース、バーチャルリアリティ」研究が世の中の課題と出合った時、その新しい可能性・応用技術が目前に開けてきます。


    メディアアートの場合には「必然性のない」作品が多々あります。また、テクノロジーはシーズ指向の開発が多く、世の中のニーズに当てはまらないものも多々あります。廣瀬・谷川研究室のプロジェクトはなぜこれほど「面白い」のか。その「当たり」の秘訣をじっくりとお話いただきます。未来は「すでに始まっている」ことを知る格好の機会となるでしょう。



    ■講演者プロフィール

    東京大学先端科学技術研究センター兼同大学大学院情報理工学系研究科 教授

    廣瀬 通孝 (ひろせ みちたか


    1977年東京大学工学部産業機械工学科卒業、1979年同大学大学院修士課程修了、1982年同大学大学院博士課程修了。同年東京大学工学部産業機械工学科専任講師、1983年同大学助教授、1999年同大学大学院工学系研究科機械情報工学専攻教授。同年同大学先端科学技術研究センター教授、2006年同大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻教授、現在に至る。主にシステム工学、ヒューマンインタフェース、バーチャルリアリティの研究に従事。工学博士。1996年、日本バーチャルリアリティ学会の設立に貢献し、会長を務めたのち現在同学会特別顧問。東京テクノフォーラムゴールドメダル賞、電気通信普及財団賞などを授賞。主な著書は、『技術はどこまで人間に近づくか』(PHP研究所)、『バーチャル・リアリティー』(産業図書)、『バーチャルリアリティー』(オーム社)、『電脳都市の誕生』(PHP研究所)など。趣味は鉄道模型とマンガ



    ■SCHOLAR.professorの「進め方」

    SCHOLAR.professorでは講師が以下のテーマごと、価値創造プロセスを革新するための講義を行います。また、いくつかのテーマについては、講義が終了した後、参加者間でグループディスカッションを行います。

    1.自己紹介・研究分野:
     VRからライフログ、インタフェースから高齢者クラウドまで


    2.
    これだけは知っておいて欲しい「研究分野に関わるよくある誤解」:
     
    難しい問題を解くことが必ずしも高い評価にはつながらない
     ノイズは使い方次第でシグナルになる


    3.
    研究者人生におけるターニングポイント:
     研究の芽が花開いたもの、開花しないものの差は何か


    4.
    研究活動における独自の方法論:
     新時代の研究室とは何か
     コンテンツ・ドリブン型の研究開発


    5.
    すごいチームの作り方:
     
    一流の人材を集めれば一流のチームが作れるわけではない


    6.
    私の3冊:
     
    人生を変えた3冊の本


    7. 新規事業開発へのヒント:
     趣味と研究対象が一致した時の喜び


    8.
    研究が社会にもたらす価値:
     これからのVRの可能性。時代と価値観の変化



    ■注意事項
    • 上記イベント概要は予告なしに変更する可能性があります。
    • チケットのキャンセルをご希望の場合は、ご連絡ください。イベント開催の2日前(8/26)までであればご返金いたします(Peatix所定の手数料をご負担いただく場合があります)。イベント開催前日、当日の払い戻しはお受けできません。あらかじめご了承ください。
    • チケット料金は税込価格です。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-06 03:22:38
More updates
Mon Sep 14, 2015
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
devcafe@INFOCITY
Tickets
一般・ゲスト参加 ¥5,000
メンバーシップ(無料枠)
「研究者の卵」割引(修士課程在籍以上) ¥3,000
Venue Address
渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル16F Japan
Directions
東京メトロ「表参道」B2出口より徒歩5分、JR「渋谷駅」宮益坂口より徒歩10分
Organizer
SCHOLAR
246 Followers
Attendees
30 / 40